長男 大学辞めました。

突然、というわけでもなく、じりじりという感じですが、大学を辞めるという話が進み、やめることになりました。
そして、新たに専門学校に進学・・・・

息子はスポーツが目当てて大学を選びました。
スポーツ推薦をもらったわけではなく、この大学のこの部活に入りたい。と。

その大学はそのスポーツで日本でトップクラスでした。
私学の大学なので、その部活に入ってくるのはスポーツ推薦で入ってくる子ばっかり。
それでもその大学でその部活に入りたいというので、高校3年生の時にさっさと推薦で大学を決め、内申書と面談だけで大学合格しました。

というのも、スポーツは有名な大学ですが、スポーツ以外では特に・・・な大学で、入学するのはすごく簡単。
他の子たちは受験勉強をしてセンター試験を受けて、大学受験を頑張っている中、うちの息子はのんきなもんでした。

私の時代、大学に行くということは賢い子で、大学受験も寝る時間を削って遊ぶ時間を削って勉強するもので、
こんなに簡単に大学に行っていいものか、と悩んだぐらいでした。

友達におめでとうと言われても、「めでたくないよー」と言ってしまうほど。

ただ、部活に入ってスポーツを頑張りたいという息子を応援するしかないと、納得はしていました。

でもいざ入学して部活に入ってみると、レベルの高さに圧倒されて、厳しい練習に弱音を吐き、部活仲間たちともうまくいかず・・・

入学して1か月ほどで部活をやめてしまいました。

まぁ、よく考えたらスポーツ推薦で地方から来てる子はそのスポーツをすることに必死で、トレーニングも日々の生活も、意識の高い子たちの集まり。
その中で、簡単に大学に入り、ただの憧れでその部活を選んだうちの息子と仲良くなるのは無理だったのかもしれません。

部活をやめた後は、だらだらと毎日生活し、とくに興味のある勉強をするわけでもなく、ただ単位を取るだけの大学。
このままこの大学に居たって、この子は何も成長しないし、無駄な時間。

そう思いだしてきました。

何度言っても生活を改めることもなく、何か目的を見つけるわけでもなく、、、、

いろんな話をして、時間を経て、結局その大学を辞めることにしました。

今まで払った学費、入学金など、もったいない・・・と思ったりしましたが、このままこの大学に居てもお金がかかるだけで、何の役にも立たない。と思い、

次にやりたいものが無いから大学辞めるのはもうちょっと待って、と言い続けた息子ですが
「やりたいものが無いから大学を辞めたくない」というのはおかしいと主人が言い、それからいろんな学校の資料を集めたりしました。

気になった専門学校に行って説明を聞いてみたり、

その中で、自分の興味のあることで将来の仕事につながりそうな専門学校を見つけることができ、4月から新しい専門学校に行くことになりました。

息子が部活を辞めてから、家の中が暗く重い空気が続いていました。
親子仲も夫婦仲も悪くなり、このままでは家族がバラバラになってしまうという思い。
そして、もう離婚して楽になってもいいんじゃないかと思うほど、私も追い詰められていました。

逃げなくてよかった。
いっぱい話して、たまに喧嘩して、それでもまた話して、いい道を見つけられたと思っています。

周りは何の目的もなく、ただみんなが大学に行っているからという理由で大学に通っている子が多い中、うちの息子は目的を見つけ、前に進めていると思います。

専門学校に行くという事は、またお金がかかり、手続きが必要で、負担は大きいです。
大学のころにお金の心配は息子にはさせませんでしたが、そろそろ大人。お金の事もうちょっと考えてもらうために、交通費や教科書代その他に掛かるお金の話をして、出来る範囲で息子にも負担させようと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック